収益物件の相談をするならまず良い不動産業者を探し出すこと

良い不動産業者をみつける

男性女性

優良物件の選び方と収益物件4つのポイント

不動産投資はローリスクと注目されていますが、優良物件を判断できずには成功できません。物件を選ぶポイントは様々で、エリアやターゲット、業者のパートナー選びが重要です。不動産投資はマンションの区分買いが推奨されていますが、長期的に見て見ることも大切です。購入する建物は新築なのか、中古なのかでどのようなメリットデメリットがあるのかもチェックしておきましょう。また物件の管理を代行してもらうのか、サブリースなのか、それともマンションなのか店舗物件なのか購入媒体も異なります。自分のこだわりと、どれだけ不動産投資に時間を避けられるのか、今後の計画と照らし合わせ検討しましょう。

不動産仲介業者を妥協しないこと

物件投資は必ずしも儲かると保証はできず、すぐに収益が安定しないので難しいものです。特に不動産投資を初めての方は不動産仲介会社選びが利益を左右すると言っても過言ではありません。不動産の管理を全て個人で行うのは、まず難しいです。何を始めるのにも、情報や実績、手続きや対応でトラブルにさえなりかねません。不動産投資には良い不動産会社のサポートが不可欠です。その不動産選びでポイントを抑えましょう。まず、数ある不動産の中でも圧倒的な物件数を提供している不動産業者を選ぶとよいでしょう。次に、物件の管理に対してフォローが充実しているかもポイントです。最後には、物件オーナーに対する誠意です。収益物件を左右するのは良い不動産選びから始まります。

つみき

リロケーションサービス

マイホームを購入しても、長期期間留守だと、その間に維持費がかかります。リロケーションサービスは、長期留守のマイホームを賃貸物件として、不動産業者が管理してくれます。

マンション

マンション経営の条件

公務員の方がアパートやマンション経営をするにあたり、さまざまなケースが想定されます。一般的には、親から不動産物件の相続と、一からマンション経営を始めるケースです。また、公務員の方がマンション経営するには条件がありますので確認しましょう。

貯金箱

賃貸物件管理者の皆様へ

賃貸物件を管理するとなると、災害や入居者の賃貸滞納と不安がたくさんあります。家賃債務保証に加入すると、入居者トラブルや災害に巻き込まれた時に管理会社が費用を一部保証してくれるので安心です。