収益物件の相談をするならまず良い不動産業者を探し出すこと

マンション経営の条件

マンション

公務員でもマンション経営が可能

公務員は副業を禁止されています。その理由として、公務員本業に影響する事柄をなくすためです。どの企業でも守秘義務はあるのですが、特に公務員の情報漏えいは死活問題になります。公務員の副業で問題となると、公務員自体のイメージダウンや関わる公的機関の信用問題に繋がってしまうようです。公務員の副業は禁止されていますが、投資は可能です。アパートやマンション経営といった不動産投資は条件を守れば、公務員でも合法的に行うことが出来るのです。逆に言えば、適切に行わなければ違法となります。副業と投資の違いを理解し合法的にマンション経営をしましょう。

公務員の副業と投資の違いを把握

公務員の方がマンション経営するには、特定の条件を守らなければいけません。その条件次第で、マンション経営が投資とみなされるのか副業とみなされるのかになるのです。つまり公務員の方がマンション経営にて条件も満たせば、マンション経営は投資となり合法と判断されます。逆に条件を満たさず、マンション経営をすると副業とみなされ、違法となります。その条件とは、経営するマンションの規模や賃貸収入額を決められた範囲内に行うこと、管理を自身以外で行うことです。マンション経営は公務員の方が、親から不動産物件を相続してしまった場合等に措置された条件です。公務員の方で、親から不動産物件を相続された方は、経営に必要な条件を満たしているか不動産業者に相談し、見直してみましょう。一からマンション経営を考えている公務員の方は、始める前に職場で確認するべきです。