収益物件の相談をするならまず良い不動産業者を探し出すこと

賃貸物件管理者の皆様へ

貯金箱

賃貸物件管理者は、物件が空くと不安ですし、入居者とのトラブルを回避するため色々と根回しが大変です。また、家事や地震と思わぬ災害に巻き込まれることもあるでしょう。いつどこでどのようなトラブルが起きるか分からない近年、賃貸物件管理者が個人となるとその不安は一層募るでしょう。賃貸管理されているオーナー様は、家賃債務保証に加入すると「万が一」に安心です。家賃債務保証に加入すると、災害が発生した時の被害の一部を保証してもらえます。また、賃貸契約を交わした入居者が家賃滞納した時でも、代位弁済による支払いがあり安心です。
家賃債務保証に加入することができる対象物件は、国内にある住居や店舗以外にも、駐車場や倉庫も該当します。保証の範囲としては、一部規定はありますが家賃や共益費、光熱費と毎月かかる費用の保証をしてくれます。また、畳表替費用や鍵交換の費用と入居者が退去した後のフォローもあります。さらに、ごみ処理費用や違約金や損害金まで保証してもらえます。家賃債務保証期間は、入居した日から退去明け渡しの日まで保証してもらえますので、期間中災害や、家賃滞納、近隣トラブルが起きたときは安心です。
家賃債務保証期間中、一定の金額を保証として支払うだけで、災害やトラブルで発生する費用で青天井の心配がなくなり安心できます。まだ家賃債務保証に加入されていない方は、加入のメリットやデメリットを学び、家賃債務保証加入するかどうか検討してみてはいかがでしょうか。